妻に不倫の証拠を突き付けて離婚宣告!妻の反応は!?

不倫発覚して修羅場

はいどーも、マコトです。

今日は不倫の証拠を突き付けて離婚宣告した話になります。

離婚準備は整った!

弁護士の離婚相談を重ねて、離婚準備を進めていきました。

不倫の証拠集めから慰謝料請求や養育費について、金額をいくらにするのかを弁護士と何度も何度も打ち合わせを重ねてきました。準備万端です。
関連記事:弁護士に不倫・離婚の法律相談に行った話

離婚協議書の作成が完了したタイミングで、ついに

「離婚宣告」

をすることになりました。

不倫の証拠を突き付けた!

離婚準備が整って、ついに不倫の証拠を突き付けます。

私「大事な話があるからココに座ってくれ」

妻「何(若干キレながら)!?疲れてるんだから早くしてよ!」

私「最近ずっと朝帰りしているけど、何をしているんだ?」

妻「だから・・ママ友といるんだって(完全にキレて)」

私「嘘をつくな・・」

私「お前の携帯を見たんだが、朝帰りしている日、ずっと男といただろう!」

妻「drftgyふじこ!!」

妻「なんで携帯見てるの!本当に最低!!」

私「弁護士と相談して、こうするしかないですねとなったんだよ」

私「男といるだけでなく、肉体関係の証拠となる内容も書いてあったぞ!」

・・・ここからしばらく、妻が言い訳をしまくります・・

私「で、不倫をしていたってことで間違いないね?」

妻「・・はい、不倫していました。」

不倫の証拠をがっちり掴んでいたことが幸いして、最終的には妻の口から不倫を認めてくれた。

離婚宣告

不倫を認めた流れで、離婚宣告もしました。

私「今まで不倫をされて、もう耐えられない。離婚して欲しい。」

妻は泣きついて、謝罪の言葉と同時に離婚を考え直して欲しいと言ってきた。

当日も、次の日も、考え直して欲しいとお願いされた。

私の答えはもちろん「ノー」

妻がやってきたことは本当に卑劣で長期間に渡って、不倫・セックスレス・精神的DVをされてきた。

不倫がバレたからと、いまだけうまく取り繕われても、また時間が来たら同じ状況になると分かっていた。

そうなると、私の精神面は取り返しがつかないことになる。考え直すようにお願いされるたびに、離婚の意思は変わらないことを明確に伝えた。

離婚協議は本当に疲れる

離婚宣告をした後、3ヶ月くらい離婚協議を重ねた。養育費、慰謝料、など諸々の条件を話し合って決めた。もちろんその都度弁護士に相談しながら。

離婚協議終了と同時に離婚が成立した。

離婚が成立した瞬間は「やっと終わった・・」という気持ちでホッとしました。

本来なら離婚協議と不倫相手への慰謝料請求は、同時に進めるべきだが、精神的にきつかったので、別々に行った。

それくらい精神的にやられていたから。

離婚調査から離婚協議・不倫相手への慰謝料条件合意まで半年位くらいかかりました。

調停や裁判は使わず、すべて示談で終わらせることが出来ました。

 

この半年は仕事も手につかない日もあったし、精神的にきつかったのを覚えています。

かなりきつかった分、絶対にこの経験を将来に生かして幸せを掴みたいと思っています。

体験談目次に戻る:管理人の離婚体験談目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。