不倫相手に慰謝料請求!電話番号から住所を特定する方法とは?

浮気男を殴る

はいどーも、マコトです。

前回記事でどのような際に不倫慰謝料が請求出来るかを記載させていただきました。
関連記事:不倫慰謝料の相場や裁判について弁護士から聞いた重要項目

私自身も不倫相手に慰謝料請求した経験があります。私の経験談も踏まえて不倫相手に慰謝料請求をする際のポイント、電話番号から住所と氏名を特定する方法を書いていきたいと思います。

不倫相手に慰謝料請求する際の流れ

不倫相手に慰謝料の請求したいと思った場合、まずは示談交渉を行います。

示談交渉を行い、交渉成立すれば慰謝料を貰って終了となります。交渉成立しなかった場合は訴訟へと進むことになります。

しかし、不倫の慰謝料請求というのは、不倫をした配偶者と不倫相手の共同不法行為となります。

法律上はトータルの慰謝料に対して、不倫をしたどちらかがトータルの金額が支払っていれば、もう片方は慰謝料を支払う必要が無いことになっています。

分かりづらい部分なので具体的に書いていきます。

不倫されたことが原因で離婚をする場合は、まずは不倫を行った配偶者に慰謝料を請求する場合が多いと思います。

今回の不倫によるトータル慰謝料は200万円だとしましょう。

既に配偶者から200万円を貰っている後に、裁判で不倫相手から請求・・となると、基本的には慰謝料発生無し(既に支払い済)となります。

まぁ、不倫された側からすると「配偶者から慰謝料が支払い済みだから、という理由で慰謝料を免れようとする考え」は、絶対に容認出来ないし、かなり腹立たしいことは分かります

しかし、示談成立せずに裁判になった場合は、この考え方が適用されることは頭に入れて進めていく必要があります。

示談交渉では双方が納得して合意すればこの限りではありませんが、「あくまで法律上は」そのような考え方になっているので注意が必要です。

不倫相手としては、不倫が原因の訴訟なんてやりたくないでしょう。示談で終わらすことは大きなメリットがあります。相手の心理状況も踏まえて作戦を立てて行動することをおすすめします。

示談交渉の進め方

示談交渉の進め方は、不倫相手と内容証明郵便を通してやり取りをする方法が一番多いと思います。

電話で請求したり、直接会って請求というケースもありますが、今回は内容証明郵便で示談交渉を進める方法について書いていきます。

内容証明郵便というのは、基本的には手紙です。一般的な郵送の手紙と違うのは、手紙を送ったこと・手紙内容が郵便局に記録として残るという点です。

1通目の内容証明で、不倫の慰謝料請求をする表明と、請求金額について記載することになります。

送る文面などは法的な条件を満たしているかを、弁護士の先生に添削してもらった方が良いと思います。

私自身が不倫相手に慰謝料請求する際は、仕事に集中したかったので弁護士の先生に不倫慰謝料請求の代理人になっていただきました。

精神的にしっかりしていて、時間もある場合は自分で請求しても良いと思いますが、長期化すると相当大変です。

弁護士に代理人になってもらうと、お金はそれなりにかかりますが、精神面と時間の負担は大幅に軽減されるので検討しても良いと思います。

内容証明が届いて、それが弁護士からとなった場合のインパクトは凄まじいモノがあるでしょう。やはり一般人の個人名義で内容証明送った場合と比較すると、かなりのプレッシャーを与えれると思います。

請求した金額に対して、合意出来れば支払いをしてもらい終了。請求された金額に対して不服がある場合は何度か内容証明をやり取りする中で、お互いの考えを伝え合います。お互いの妥協点を探すことになります。

何度やり取りしても交渉がうまくいかない場合は裁判に移ることになります。

不倫慰謝料を弁護氏に依頼した場合の相場

基本的には弁護士に慰謝料請求依頼した際に「固定で発生する着手金」と、「不倫相手から支払われた金額の数%を支払う報酬金」が必要になります。

弁護士事務所によって違うと思いますが、私が調べた事務所では「着手金が10万円、報酬金16%」という所が多かったです。

不倫相手の住所と氏名を電話番号から特定する方法!

不倫相手に内容証明を送るにあたって、住所と氏名が必要になります。

住所と氏名を知る方法としては以下の方法があります。

1、配偶者から聞き出す
2、興信所を利用する
3、電話番号から割り出してもらう

配偶者から聞き出すのは、配偶者と不倫相手がいまだに繋がっている場合などは、聞き出せない場合などがございます。

興信所を利用するのはかなり高額になります。

私も実際に使ったおすすめの方法は、電話番号から割り出す方法です。

弁護士から聞いて知ったのですが、「もし不倫相手の電話番号が分かっている場合、相手のキャリアが「ドコモ」or「au」の場合は弁護士協会を通じて住所や氏名が調べれる」とのことでした。

私はこれで救われました。弁護士を通じて住所や氏名を開示請求するのに10000円くらいかかったと思います。私はこの方法で不倫相手の電話番号から住所と氏名を割り出すことに成功しました。

※あくまで数年前の話なので、いま現在が確実に使える方法かは不明です。疑問に思ったら弁護士に問い合わせていただくようお願いします。

次に進む:妻に不倫の証拠を突き付けて離婚宣告!妻の反応は!?

体験談目次に戻る:管理人の離婚体験談目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。