不倫慰謝料の相場や裁判について弁護士から聞いた重要項目【離婚体験談】

法律・お金

はいどーも、マコトです。

前回までに継続して相談する弁護士を決めた話を書きました。
関連記事:弁護士に不倫・離婚の法律相談に行った話【離婚体験談】

今回は、弁護士の先生に不倫の慰謝料請求するに当たって、法律的な見解や慰謝料相場などについて聞いたことをまとめました。

不倫慰謝料の相場

裁判で不倫慰謝料を請求した場合の相場は

50万円~300円

となっています。

この金額は、不倫された側からすると「少ない・・」と感じると思います。自分もこれでは慰謝されないよなぁ、というのが正直な感想でした。
しかし、裁判で実際に慰謝料請求を請求した場合は「50~300万円」の判決になることがほとんどのようです。

50万から300万では大きな幅があります。金額に大きな幅があるのは、不倫発生時点の様々な状況を勘案して決定されるからです。

一番大きなポイントは不倫によって離婚や別居に至ったかどうかです。不倫をされたが、離婚も別居もしない場合は50万円などの低額になってしまうようです。

離婚はしないが、別居することになった場合は50万円よりは上乗せされることがあるようです。

不倫が原因で離婚するとなった場合は、基本的には100万以上となるようです。

慰謝料に影響を及ぼす項目

慰謝料に影響を及ぼす項目としては以下の内容です。

・不倫による、別居有無・離婚有無(離婚だと金額UP)
・婚姻期間(長いほど金額UP)
・子供の有無(子がいると金額UP)
・不倫期間(長いほど金額UP)
・夫婦関係が破綻していたか(破綻していると無効になることも)

これらの項目が総合的に勘案して決定することになります。

この中にある「夫婦関係が破綻していたか」ですが、法律上夫婦関係が破綻していたと判定されるのはかなりのハードルがあります。頻繁に口喧嘩しているとかは全然関係ありません。

夫婦関係が破綻していたとされるポイント

以下のような状況が一つでもあると、夫婦関係が破綻しているとみられるケースがあるようです。

・長期間別居している
・家庭内別居している
・日常的にDVされている

夫婦関係が破綻していると見なされた場合は、不倫の慰謝料請求自体が無効となるケースもあるので注意が必要です。

不倫慰謝料の法律的な考え方

不倫は、法律上では共同不法行為という考えになります。

配偶者と配偶者の不倫相手の2人で犯した不法行為ということです。

裁判になった場合の考え方としては、まずは不倫をされた側のトータル慰謝料がいくらかなのか判決が出されます。

この慰謝料は不倫した配偶者か不倫相手のどちらかが払えば良いことになります。

例えばここでトータルの慰謝料が300万円と算出されたとします。

そうすると、トータルの慰謝料を、配偶者と不倫相手が話あって、以下の3つの中から選ぶことになります。

1:配偶者が全て払う
2:配偶者の不倫相手が全て払う
3:配偶者と不倫相手が折半して払う

「配偶者にも300万の慰謝料請求、不倫相手にも300万円の慰謝料請求」みたいな慰謝料の二重取りは法律上は無効な考えとなります。

ただ、あくまでこれは裁判を通した場合の考え方!

示談による慰謝料請求は、不倫した側とされた側の双方が納得した金額であれば請求が成立することになります。

極論ですが、配偶者に300万の請求をして、不倫相手にも300万円の請求をしても問題ありません。全員が納得さえすれば、トータル600万円の慰謝料請求で示談成立することになります。しかし、相場よりもあまりに乖離がある請求となると「もう裁判した方がマシ・・」となり、示談合意に至らない可能性が上がります。

いくらを請求するかは、相手の経済状況や不倫状況などを熟考した方が良いでしょう。

基本的には、不倫をした側からなるべくなら不倫の慰謝料請求による裁判なんてしたくありません。そのような心理も働いて、示談による慰謝料成立した場合の方が慰謝料は高くなる傾向にあるようです。

次に進む:不倫相手に慰謝料請求!電話番号から住所を特定する方法とは?

体験談目次に戻る:管理人の離婚体験談目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。