妊娠と出産【離婚体験談】

出産・妊娠

はいどーも、マコトです!

前回の記事で結婚式の話をしました→結婚式が人生のピークだった【離婚体験談】

今回は結婚式後の夜の営みについて書いていきます。

新婚当時の夜の営み

結婚と同時に同居も始まりました。

新婚当時は毎晩のように夜の営みをしました。
お互いの気持ちが通じ合った愛情のあるモノで本当に幸せを感じていたのを覚えています。

数か月の小作りの後、妊娠したということが分かりました。

自分達から進んで小作りをしていたので、妊娠したことにはもちろん喜びもありましたが、いざ妊娠すると自分に父親が務まるのかという不安も出てきたのを覚えています。

それからしばらくすると妻のお腹が膨らんできました。
妊娠半年くらいになると、お腹の赤ちゃんが心配なので、夜の営みは完全に止めました。

このころは、まだ自分が父親になるという実感が湧いていなかったような気がします。

出産の日

お腹の赤ちゃんは問題無く成長していき、いよいよ出産の日になりました。

出産した連絡があったので病院に向かいます。

元気な子が生まれました。
母子ともに健康です。

産まれた赤ちゃんを見た時は、ゴツゴツした顔。柔らかそうなホッペをツンツンしてみたり。
たまに泣くだけで何も出来ない無防備な赤ちゃん。

赤ちゃんを見て、

俺がしっかり育てなくては!と思いました。

何冊も育児本を読んだりして勉強しました。

半年位して、顔立ちが分かるようになると私に似た部分もあると気付き、ますます可愛く思うようになりました。

いまになってみれば育児自体はきちんと出来た?し、なんとかなるもんだなと思います。

次に進む:夜の営みを拒まれたら不倫の兆候?【管理人の離婚体験談】

体験談目次に戻る:管理人の離婚体験談目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。