結婚前の心境【離婚体験談】

結婚前の幸せ

はいどーも、マコトです!
私が結婚したのは20代後半の時でした。いわゆる結婚適齢期で、周りが月々と結婚をしていく中で俺達もそろそろ・・というタイミングでした。

元妻について

相手には学生時代から長期間に渡って付き合っている彼女がいました。

彼女は本当に可愛くて、学生時代の彼女は、普通にAKBに居ても可笑しく無い位可愛かったです。
実際、私と交際している間も何人かの男に「付き合って欲しい」と告白されたことがあったようです。

それでも彼女は他の男では無く、私が良いと言って付き合い続けてくれました。

私はどうかと言うと客観的に見て、モテ度は普通だと思います。

告白されたこともあるけど、クラスで一番持てるとかでは無い。謙遜でもなんでも無く、本当にフツーです。

結婚願望が強かった元嫁

そんなフツメンな私と、モテまくりの可愛い彼女との交際でしたが、なんだかんだ数年続き、気がつけばお互い20代後半。

私自身は物凄く結婚したいとかそうゆう感情は無かったんですが、20代後半というと、結婚適齢期ということもあり、周りも少しずつ結婚していく年齢です。

彼女は結婚願望が強くて

「〇〇ちゃんは結婚するけど、マコトはいつになったらプロポーズしてくれるかなー?」

という圧力を何度もかけられました、笑

その時すでに、20代後半で数年付き合っている状態でしたので、彼女がこのような考えになるのは理解できました。

しかし自分自身は仕事も覚えてかなり忙しい日々を送っていたこともあって、中々決断出来ずにいました。

しばらくして、大きな仕事が終わって一段落したタイミングがあったんですよね。その時に少し結婚のことを考えられる余裕が出てきました。

「これが結婚するタイミングだろう!」

と自分の気持ちを高ぶらせてプロポーズをして、結婚するにいたりました。
これが結婚するタイミングだろうと自分のテンションを上げて腹を括りました。

このころは早くから結婚してみんなに祝ってみらい、幸せを実感していました。

また、学生時代から長期間かけて交際していたので、相手の好きなこと、嫌いなこともわかっているつもりです。
喧嘩してもこうすれば仲直りできる、西野カナ風で言う「彼女の取扱説明書」も把握しているつもりでした。

幸せを実感している私は、この後あんな惨劇が待ってるとは知る由もありませんでした・・・

次に進む:結婚式が人生のピークだった【離婚体験談】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。